“三柱”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みはしら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三柱”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲25.0%
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この三柱みはしらの神は、みな獨神ひとりがみに成りまして、みみを隱したまひき
三柱みはしらをば迎へまつりぬ。