続野人生計事ぞくやじんせいけいごと
一放屁 アンドレエフに百姓が鼻糞をほじる描写がある。フランスに婆さんが小便をする描写がある。しかし屁をする描写のある小説にはまだ一度も出あつたことはない。 出あつたことのないといふのは、西洋の小説にはと云ふ意味である。日本の小説にはない訣で …
作品に特徴的な語句
ゑつ 女房にようぼう とどま 接吻せつぷん じやう さむらひ しりぞ べか かか ここ 画図ぐわと 紅葉こうえふ みな きゆう 孑然けつぜん せい いはん 大向おほむか 往来わうらい 施行せぎやう せは つひ こは はち 法悦はふえつ 初月しよげつ 如何いかが 白白しろじろ しん 花瓶くわびん だい 商標しやうへう 芭蕉ばせう 若楓わかかへで のち 往生わうじやう ろう 苗床なへどこ 羅浮らふ 常談じやうだん いそが おれ 差支さしつか 崖側がけぎは たた 快哉くわいさい 山陽さんやう 藍色あゐいろ 快諾くわいだく 暗合あんがふ もつと 小笹こざさ 暮春ぼしゆん 書棚しよだな 蝋燭らふそく 客気かくき 存外ぞんぐわい はうき しばら みだり 如実によじつ 如何いかん 案外あんぐわい こずゑ あが しひ 大方おほかた えい かへで 愛翫あいぐわん よる そしり 慈姑くわゐ そと 豪傑がうけつ 坊主ばうず 障子しやうじ 予等よら なげう 男振をとこぶり 滑稽こつけい 滅多めつた いへど 仏頂ぶつちやう 渇仰かつがう 長逝ちやうせい まう 偏狭へんけふ 伯母をば