“客気”のいろいろな読み方と例文
旧字:客氣
読み方割合
かっき80.0%
かくき20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうえ彼女は、クリストフのおかしな客気や、乱暴や、架空的な気分などを見て、彼があまり平衡のとれた人間ではないと思っていた。
なに事をなすにも感情をえることは危険である。むろん感情と一口に言っても高尚な感情もあるが、言うまでもなく今述べる感情は一時の客気である。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
今となっては後悔もして居るが、その時は青年の客気で、女一人のを横たえる位の事は何んとも思っては居なかった——
死の予告 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
加ふるに凡兆の予等の為に津頭を教ふるものあり。予の渡江に急ならんとする、何ぞ少年の客気のみならんや。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)