“客樣”の読み方と例文
新字:客様
読み方割合
きやくさま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さあ、らつせえまし、自慢だよ。これでもへいふではねえ。お客樣るだで、澤山沙魚をだしにれてくだアからね。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
やと容子を尋ねけるに親十兵衞が云々にて年貢のお金に差支ころなく身を時宜なれば何卒おへ下されたく如何樣しひ事成とも御主人大事御客樣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そののように、やいていらつしやるしいお客樣を、どうぞらへ、と御案内げてくれ。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)