“御案内”の読み方と例文
読み方割合
ごあんない100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
えゝ、一寸引合はせしまする。の、明日双六谷途中まで御案内しまするで。さあ、、お知己つてけや。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「はゝあ。寒山てをられますか。それはつてもです。どうぞ御苦勞御案内ひませう。」
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
さあ、これからわたくしどもがこの山の御案内をいたしますから、どうぞあの退治して、わたくしどものをいっしょにっていただきとうございます。
大江山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)