“案内者”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あんないしゃ33.3%
あんないしや23.8%
ガイド19.0%
あないじや9.5%
あんないじゃ4.8%
あないしや4.8%
しるべ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
騎兵大隊長夫人変者があって、いつでも士官けて、になると一人で、カフカズの山中案内者もなく騎馬く。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
騎兵大隊長夫人變者があつて、でも士官けて、になると一人で、カフカズの山中案内者もなく騎馬く。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
彼が日本語とイタリヤ語以外の言葉を話せば、翌朝から彼が丁度茶を飲み終ったという時刻に、協会から案内者が派遣されるであろう。
モスクワ印象記 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
翌朝ネピを發してテルニイにりぬ。こは伊太利疆内にて最も美しく最も大なる瀑布ある處なり。われは案内者と共に、騎して市を出で、暗く茂れる橄欖の林に入りぬ。ひたる雲は山巓に棚引けり。
忿怨神よ、案内者となってくれい!……(チッバルトに對ひ)やい、チッバルト、先刻足下にくれた「惡漢」のす、受取れ。
朱砂の門春はのどけし案内者の煙管くはへてついる見れば
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
彼方此方とをべてしかして知らむ、わが天上の案内者の命に從ふことのいかばかり我に樂しかりしやを 二二—二四
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)