“受取”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うけと71.9%
うけとり21.1%
うけとら1.8%
うけとっ1.8%
うけとる1.8%
うけとれ1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この上もなく美しい鈴子夫人と結婚式を挙げるという通知を受取った頃、私はうつうつした心持で、当てもない旅を続けておりました。
受取再三見終り如何にも斯樣に委しき證據あれば概略は知たりと云つゝ又熟々思案するに斯る事にり居ては面倒なり山内めを呼出し渠を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
如何にも受取れぬて見れば兎にも角にも其金の出所がしいと云つゝ充分心の中に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
幾度かかえし/\見て、印紙正しく張り、漸く差ししたるに受取たとの返辞もよこさず、今日は明日はと待つ郵便の空頼なる不実の仕方
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
文右衞門は白眼つけコリヤ新藤氏一貴殿みし此金子假令何樣に申され候とも今さら手前に於ては受取所存決して之なし早々御持歸り下されよ某し當時困窮に及ぶも是天命なれば何を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
右の如くにしかば住持祐然書寫させ其へ右之通り相違御座なく候に即ち調印仕り候以上月日寺社奉行何某殿奧書めさせ次右衞門是を受取ば三五郎懷中より金二十兩を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)