“所存”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょぞん57.1%
つもり23.8%
しよぞん19.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この上なき名物を求めん所存なり、主命たる以上は、人倫の道にり候事は格別、その事柄に立入り候批判がましき儀は無用なりと申候。
私は長崎を出立して中津に帰る所存諫早まで参りました処が、その途中で不図江戸にきたくなりましたから、是れから江戸に参ります。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
らばでよ。めてみにせむ所存はあらず」とふに、び、れ、よりはふはふのにてにじりでたり。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)