死の予告しのよこく
「千種君、暫らく此処へ掛けたまえ、平常あまり人が来ないから、掃除は行届かないが、その代り此辺なら決して話を人に聞かれる心配は無い」 私のためには旧藩主に当る元伯爵海原光栄氏は、尊大が通りものの顔を柔げて、広大な庭園の奥の、洒落た四阿の中に私 …
作品に特徴的な語句
あがな 彼方あっち 自分じしん 上気のぼせ 女子おんな みん かた さかさ におい わずか そむ 執拗しつこ 客気かくき あわれ ゆびさ しば きま ほと たぎ あかり いぶ あやま した 一寸ちょっと 丁度ちょうど 丁髷ちょんまげ 上気のぼ 下司げす 世帯しょたい うち なが しま 今朝けさ おっ 何処どこ 何時いつ しか ためし おもかげ 其処そこ ひや 加里カリ 動揺どよ 千種ちぐさ テーブル かえ 口惜くや 可怪おか 唯夜ゆうべ 四辺あたり 四阿あずまや 夫子ふうし 存分ぞんぶん 定公さだこう よろ へや 家扶かふ 寸毫すんごう もっと 尾籠びろう 左手ゆんで 平常ふだん 幽鬱ゆううつ 引吊ひきつ せわ たちま ことごと 愈々いよいよ ふる 懊悩おうのう 成程なるほど ドア 手繰たぐ 手際てぎわ ほう 抽斗ひきだし つたな かたき 早速さっそく 昨夜ゆうべ くら さら 曲者くせもの かつ あんず 林檎りんご