最後の大杉さいごのおおすぎ
大杉とは親友という関係じゃない。が、最後の一と月を同じ番地で暮したのは何かの因縁であろう。大杉が初めて来たのは赤旗事件の監房生活から出獄して間もなくだった。淀橋へ移転してから家が近くなったので頻繁に来た。思想上の話もしたし、社会主義の話もし …
作品に特徴的な語句
おお かた おのの あと いい くさ ひど ふとこ とこ さかえ 邂逅でっくわ した やつ かん 物柔ものやさ よこ ちぎ まこと かか おとしい 彼処あそこ くるし かさな かげ 邂逅であ どし うつ 口入くにゅう がら 不可いか やっ すえ たく かなし かみ こさ つか 程経ほどた 度毎たんび たび 平生いつも どもえ 川本かわもと 尾行びこう かど わか 訣別わかれ 片端かたっぱし 書物しょもつ はかりごと 豈夫よも 番毎ばんこ 有合ありあい 踪跡ゆくえ 各々めいめい なみ 道伴みちづ つか 楷段はしご 横川よこかわ かな はなむ ほと 照明あかり 界隈かいわい しげ もつ ゆる 緘黙かんもく 絶間たえま 生血なまち つい 看慣みな まつ 祖父じい 石鹸せっけん にら 真似まね 神近かみちか 袋叩ふくろだた 相応ふさわ 相貌そうぼう