“一人口”の読み方と例文
読み方割合
ひとりぐち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なんの、一人口は食えんでも、二人口は食える、というてな、猫を七匹も飼うよりゃ、わが子を育てる方が楽よね」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
人の女房にだけはならずにゐて下されと異見を言はれしが、悲しきは女子の身の寸燐の箱はりして一人口しがたく、さりとて人の台処を這ふも柔弱の身体なれば勤めがたくて
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
女房にだけはならずにされと異見はれしが、しきは女子寸燐はりして一人口しがたく、さりとて臺處ふも柔弱身體なればめがたくて
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)