“きゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キュウ
語句割合
55.1%
19.3%
7.6%
2.8%
2.3%
2.0%
1.3%
1.3%
1.0%
1.0%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おさん、しい?」と、勇吉は、母親のまくらもとにつききりで、をもんでいましたが、なんとったか、がって
一粒の真珠 (新字新仮名) / 小川未明(著)
同じ刺激に対する感覚が皮膚の部分によって違うのはこれに限らない事ではあるが、このはしごなどは一つのおもしろい実験である。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
わが輩も返事に躊躇していると、三銭切手を封入せる以上返事をうながす権利があると催促されたことも一、二度でない。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
窮するとは道に窮するのに非ずや。今、、仁義の道を抱き乱世の患に遭う。何ぞ窮すとなさんや。もしそれ、食足らず体るるを
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
science ではどうだか知らないけれども、精神界では全く同じものが二つは来ない。故にいくら旧様を守ろうとしても、全然には復らない。
無題 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
三津ヶ浜というのは松山藩時代の唯一の乗船場で、私たちが初めてを負うて京都に遊学した頃はまだこの三津ヶ浜から乗船したものであった。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
それからこれはまっ羽二重のコップでしょう。この花びらは半ぶんすきとおっているので大へん有名です。ですからこいつのはずいぶんみんなでしがります。
チュウリップの幻術 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
いま孔明のいた陣には八つの門がある。名づけて、、杜、の八部とし、うち開と休と生の三門は吉。傷と杜と景と死と驚との五門は凶としてある。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その人は間もなく太子へはいった。付き添いの女房から御寵愛があるという報告が大納言へあった。
源氏物語:45 紅梅 (新字新仮名) / 紫式部(著)
そしてまた誰か他人の所有にるところの面白い、味のある、平凡ならぬ骨董を得ることを悦ばぬ者があろう。むる者が多くて、さるべき物は少い。
骨董 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
伏してう、って鰥居し、門にって独り立ち、色に在るのを犯し、多欲のを動かし、孫生が両頭の蛇を見て決断せるにうことわず
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
けれど、どこの学校のどのにでも、たいてい二、三は、いじの乱暴者がいるものです。
どこで笛吹く (新字新仮名) / 小川未明(著)
冬羽は、耳羽だけに暗褐色の斑点があって美しい。の下両覆に灰色の羽が生えていて、冬は嘴と脚が深紅の色を現わし、白い羽に対して目ざむるばかり鮮やかである。
みやこ鳥 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
「おっと、皆迄言わせやせん。あ、そうそう、和泉屋さんの男衆さん——へっへ」
助五郎余罪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
葛伯すと言い、鄭人が温の麦を刈るといい、イスラエル人が牧場を争うといい、高地のスコットランド人が低地のスコットランド人の牛羊穀物を奪うというの類のごとき
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
あッ……といこえがいちようにもらされたかと見ると、すでに、しぼりこまれた二はブンとがえりを打って、ひょうッと、をはなれた二すじのが、風を切ってまッすぐに走っている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしてこの頃から、名も、高俅とあらためた。毛偏をとって、亻偏に代えたのである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
年三十に近くして、愚庵和尚に径山に従って禅学を習う。あれば内外の典籍を披閲してて才識に資す。因って河南二程先生の遺書と新安晦庵朱先生の語録をる。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「こころ平らに、気順なるときは、一のうちに、病雲は貴体を去ってゆきましょう。それ、さらに病の根を抜こうとするには、やや涼剤を用いる必要もありますが」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わしのいをいれよ! (岩かどに突立つ。烈風蓬髪を吹く。俊寛両手を天に伸ばす)わしはあらゆる悪鬼の名によって呪うたぞ! 清盛は火に焼けて死ね。宗盛の首はせられよ。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
そしてこの頃から、名も、高俅とあらためた。毛偏をとって、亻偏に代えたのである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは丁度、彼の孫の——子思が生れて間もないころのことであった。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
技師もここで花前の花前たることを聞き、おおいにきまりわるくなって、むつかしい顔のしまつにしたままった。夜、主人が帰ってから一くずるるばかり大笑いをやった。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
一見するとゴシック後期のものに近似するが、しかし脚と脚との間の状が明らかにモスク型であるから回教国のものであろう。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
蒲生源左衛門は須田等をした。二人は証拠文書をって来たのだから、それに合せて逐一に述立てた。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
桓公が公子を殺した時、召忽は公子糾に殉じて自殺しましたのに、管仲は生き永らえて却って桓公の政をたすけました。こういう人は仁者とはいえないのではありますまいか。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
いずれも竜蛇の属の名の字をミヅチとんだから、ミヅチは水蛇野蛟野蛇の霊異なるをめたものと思う。
するとたちまち、あたりは暗くなり、雲のごとき気流のうちから、数千の豼貅(大昔、中国で飼い馴らして戦場で使ったという猛獣のこと、
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)