“乱暴者”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らんぼうもの77.8%
あばれもの22.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乱暴者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして、子供こども若者わかもの二人ふたりは、これらの乱暴者らんぼうものから、ひどいめにあわされました。
あほう鳥の鳴く日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そのときおもいがけなく、れい木島きじま梅沢うめざわ小山こやま乱暴者らんぼうものが三にんでやってきて、
どこで笛吹く (新字新仮名) / 小川未明(著)
しかし一しょに行ったものの話では小学時代と打って変って恐ろしい乱暴者あばれものになったそうだ。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
それが、怎して村一番の乱暴者あばれものかといふに、根が軽口の滑稽しやれに快く飲む方だつたけれど、誰かしら酔ひに乗じて小生意気な事でも言出すと、座がしらけるのを怒るのか、
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)