“乱暴狼藉”のいろいろな読み方と例文
旧字:亂暴狼藉
読み方(ふりがな)割合
らんぼうろうぜき66.7%
らんばうらうぜき16.7%
らんぼうらうぜき16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
酒の酔いにかこつけて乱暴狼藉らんぼうろうぜきを働いて、故意に留置され
ネオン横丁殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
同じ豚でもそんなに違うでないか、君が以前食べたというのはどういうふうに料理したか」大原「牛肉の煮込のように鍋の中へ豚の生肉をんで煮たのさ」主人「アハハそれこそ言語同断ごんごどうだん乱暴狼藉らんぼうろうぜきというものだ。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
たたみを焼いてだんをとったり、みごとな双幅そうふくや、金蒔絵きんまきえ脇息きょうそくをたたッこわしたり、破いたり、それを燃料に野天風呂をわかすやら、ありとあらゆる乱暴狼藉らんぼうろうぜきをはたらき、いやがらせの八方をつくして……。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
一国の代議士と言われる人で平生へいぜいさかんに立憲論を唱えながら家にあっては酒道楽にふけり女道楽にすさ言語同断ごんごどうだん乱暴狼藉らんぼうろうぜき朝から晩まで我が家庭に対して非立憲の行為をしている横道曲よこみちまがるごとき人物が政治家の中にないとも限らん。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
おゝ/\乱暴狼藉らんばうらうぜきで、飛石とびいしなぞはいぬくそだらけにして、青苔あをごけ散々さん/″\踏暴ふみあら
にゆう (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
アレ、乱暴狼藉らんぼうらうぜきやつもあればあるものだ、アレげてツちまつた。
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)