“乱暴狼藉”のいろいろな読み方と例文
旧字:亂暴狼藉
読み方割合
らんぼうろうぜき66.7%
らんばうらうぜき16.7%
らんぼうらうぜき16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一国の代議士と言われる人で平生に立憲論を唱えながら家にあっては酒道楽にり女道楽に言語同断乱暴狼藉朝から晩まで我が家庭に対して非立憲の行為を
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
おゝ/\乱暴狼藉で、飛石なぞはだらけにして、青苔散々踏暴し、折角塩梅むした石燈籠し、つちまひ、乱暴だね……何方からお入来なすつた。
にゆう (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
アレ、乱暴狼藉もあればあるものだ、アレげてツちまつた。金兵衛さんは此金子て、金杉橋へ、黄金餅餅屋を出したのが、大層繁昌いたした。とふ一席話でござります。
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)