“鰥居”の読み方と例文
読み方割合
かんきょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伏してう、某、を喪って鰥居し、門に倚って独り立ち、に在るの戒を犯し、多欲の求を動かし、孫生が両頭の蛇を見て決断せるにうことわず
牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
これは鰥居だといわなければならない。
西瓜 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
伏してう、って鰥居し、門にって独り立ち、色に在るのを犯し、多欲のを動かし、孫生が両頭の蛇を見て決断せるにうことわず
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)