“水蛇”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みずへび50.0%
みづち16.7%
イドラ16.7%
ハイドラ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“水蛇”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 医学 > 基礎医学50.0%
文学 > イタリア文学 > 詩7.1%
文学 > フランス文学 > 小説 物語3.8%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こうきゅういずれも竜蛇の属の名の字をミヅチとんだから、ミヅチは水蛇みずへび
そして底に水蛇みずへびがのたうっていることを気づかない。
アルゴスの都に近き古井戸の中にハイドラと称する九頭の水蛇みづちがあつて屡々人畜を悩ましたのをハーキユリーズが退治する話、パアナツサスの山のふもとに住んだパイソンといふ恐ろしき蛇をアポローが銀の弓ともつて殺す話
毒と迷信 (新字旧仮名) / 小酒井不木(著)
いと濃き緑の水蛇イドラを帶とす、小蛇チェラスタ髮に代りてその猛き後額こめかみを卷けり 四〇—四二
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
否、この遺書をしたためつつある現在さへも、予は猶この水蛇ハイドラの如き誘惑と、死を以て闘はざる可らず。
開化の殺人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)