自由画稿じゆうがこう
はしがき これからしばらく続けて筆を執ろうとする随筆断片の一集団に前もって総括的な題をつけようとすると存外むつかしい。書いてゆくうちに何を書くことになるかもわからないのに、もし初めに下手な題をつけておくとあとになってその題に気兼ねして書きた …
作品に特徴的な語句
フィールド かん この かね 野猪やちょ 燭火しょくか 鼻汁はなじる 風水ふうすい 顎骨がくこつ 甘蔗さとうきび 鉄釘てつくぎ 鉄漿おはぐろ かよ 大蛇だいじゃ たつ 木靴サボ 子守こも 家兎いえうさぎ 荊棘けいきょく 干支かんし ふん たち しば つめ 爪先つまさき 爪立つまだ 爪紅つまべに 爬虫はちゅう 爬行はこう 牴触ていしょく 牽制けんせい いぬ 狷介けんかい ねこ 猶予ゆうよ さる 瑣事さじ 瑣末さまつ 生地きじ 生涯しょうがい 田舎いなか 甲子きのえね 甲戌きのえいぬ 画帖がじょう 畏怖いふ 畢竟ひっきょう 瘡蓋かさぶた 登攀とうはん さら 相撲すもう 相貌そうぼう まゆ 眉毛まゆげ 眼瞼まぶた 矍鑠かくしゃく うす 神戸こうべ 神棚かみだな 祭祀さいし 福岡ふくおか 窈窕ようちょう たけ 笹縁ささべり 篠竹しのだけ 簇生ぞくせい した かゆ 粥釣かゆつ 糞堆ふんたい 糯米もちごめ 紙撚こより 素人しろうと 羅列られつ 肉桂にっけい 胚芽はいが きり 雄鶏おんどり 雁首がんくび 隠蔽いんぺい 隆盛たかもり 陥穽かんせい やみ けみ 鍼灸しんきゅう 遺骸いがい 輔佐ほさ 辰年たつどし つじ はち 銀皿ぎんざら めす 部屋へや