“家兎”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かと75.0%
いえうさぎ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“家兎”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 小説 物語2.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
家兎かとのやうな目をしてゐるフランス女は、子供の手から匙をもぎ取つた。
祭日 (新字旧仮名) / ライネル・マリア・リルケ(著)
先ず兎を、家兎かと固定器に仰向けにしばりつけてエーテル麻酔をかける。
恋愛曲線 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
こんなことを長年考えていたのであるが、近ごろ大阪おおさか医科大学病理学教室の淡河おうご博士が「黒焼き」の効能に関する本格的な研究に着手し、ある黒焼きを家兎いえうさぎに与えると血液の塩基度が増し諸機能が活発になるが、西洋流のいわゆる薬用炭にはそうした効果がないという結果を得たということが新聞で報ぜられた。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)