猟奇の果りょうきのはて
彼は余りにも退屈屋で且つ猟奇者であり過ぎた。 ある探偵小説家は(彼も又退屈の余り、此世に残された唯一の刺戟物として、探偵小説を書き始めた男であったが)この様な血腥い犯罪から犯罪へと進んで行って、遂には小説では満足出来なくなり、実際の罪を、例 …
作品に特徴的な語句
あき うたた みず いら まじわ あぶの せわ けい たぐい 一巡ひとめぐり 外見うわべ おそろ ふく ぴき 腕節うでぷし ぶた ちっ 水底すいてい 此間このあいだ ぎも たく なまめ こうむ すみ かつ ほど おい ばら ちがい とど すい れき 俯伏うつぶし みん しゃ 御使おつかい 腫物しゅもつ こまか 尋人たずねびと やっこ こし つかま 地質じしつ こと しゃが おこ 白布はくふ いや うたぐ とま ぜん けん せん おとしい 一寸いっすん 一曲ひとまが いい 気色けはい 一途いっと こまや だけ 水底みずそこ そと くだ 実以じつも とう 打殺うちころ そもそ 竹田たけだ たち 天幕てんと から おも かつ 捕縄ほじょう こつ かね 看破かんぱ たまもの にぎや ななめ かな こく 二人ににん つか ほうむ 私語ささやき