“糞堆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふんたい80.0%
うまごやし20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
低気圧が来る時には噴出が盛んになって麦藁帽くらいき上げるなどと話しました。それから小作人の住宅や牛小屋、豚小屋、糞堆まで見て歩きました。
先生への通信 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
固有でない環境に置かれれば錦繍でもきたなく、あるべき所にあれば糞堆もまた詩趣があるようなものであろう。
沓掛より (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
四辺はひっそりと静まりかえって、答えるものとてはただ、人声で目をさました雄鶏が糞堆の上でけたたましく鳴いたのと、頸を高くもたげて月に遠吠えする犬の声ばかり。
乞食 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)