“糞甕”の読み方と例文
読み方割合
くそがめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして跡にのこるものは、頭痛と発熱と、ああ莫迦なことを言ったという自責。つづいて糞甕に落ちて溺死したいという発作。
玩具 (新字新仮名) / 太宰治(著)
世間の土中に過去現在未来する無数の糞甕と、彼もまた変るところのない、一個の凡甕と化していたのであろうか。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なにを噪いでゐるのかと、幽學が覗いてみると、それはこの家の者が先祖代々重寶にして來た糞甕であつた。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)