“糞坊主”の読み方と例文
読み方割合
くそぼうず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
短刀を鞘へ収めて右脇へ引きつけておいて、それから全伽を組んだ。——趙州曰くと。無とは何だ。糞坊主めとはがみをした。
夢十夜 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
何だい、こんな糞坊主が、そばにをつても、も温くなりやしないぢやねえか、と口の中でいひながら、武助さんは邪険にぐらぐらと船を揺すぶつた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
おじさん——それでも、お前が水をばちゃばちゃいわせる音で眼がめた。やっとこさで間に合ったんだ。この糞坊主! 可哀そうに、ポンプみたいに水を吐くじゃないか。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)