“糞色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うんこいろ33.3%
ばばいろ33.3%
ふんしょく33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
気の強い奴は処女に見せかける了簡と見えて、頬ペタをベタベタと糞色に塗上げている。おまけに豚のみたいな唇を鮮血色にっているから、食後なんかにお眼にかかるとムカムカして来るんだ。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「笑わせやがらあ、そんなのは、糞色といってな——」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
また、ちょっと見たのではの表皮一面、の上に蠅がたかって、まるで黒大豆でも厚く敷いたような密度だから糞色も見えずの匂いもしないのである。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)