“糞汁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふんじゅう71.4%
ふんじふ28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人間の糞汁を熱く沸かして、幾日もよくぎかけていると、自然に鉄が溶けるのです。そうして、ようようのことで、その石門をあけると驚きました。
進退共にまった尼提は糞汁の中にいたまま、こう如来に歎願した。しかし如来は不相変威厳のある微笑をえながら、静かに彼の顔を見下している。
尼提 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
に思へ、糞汁はいかむ、心美なるにせよ、一見すれば嘔吐を催す、よしや妻とするの実用に適するも、か忍びてこれを手にせむ。
醜婦を呵す (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
蜥蜴きは、びてするとす。す()よ、はくはせめて糞汁ることをめよ。もし味噌汁洒落ゐらるゝにらば、十萬石らく立處れむ。
蛇くひ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)