夢十夜ゆめじゅうや
こんな夢を見た。 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。女は長い髪を枕に敷いて、輪郭の柔らかな瓜実顔をその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、唇の色は無論赤い。とうてい死にそう …
作品に特徴的な語句
みはっ うつ ぴら おろ づた 退 ぱし わっし 危険あぶねえ なお うし うま ひね つら 打遣うっち 絶壁きりぎし ほっ うるおい なな こし 心地ごこち こた はなびら 仰向あおむき けん はた 地面じびた つか あせ かご ゆら あきら たなごころ めく こし おもい うしろ おぶ きわ らく する むこう けぶり 眼障めざわり 一寸いっすん がん 破片かけ まみえ におい 真向まとも あざやか かたぶ あが ちぢ がお 巨巌おおいわ 今日きょう 引替ひきかえ はじ とき 往来おうらい かど 生擒いけどり しま しん こわ 眉毛まみえ やわ 袖無そでな かなし かか くだ 一心いっしん 七日なのか 一間いっけん にわとり 接続つなが 色沢つや 斑入ふいり 敗北まけ ほう なぐ