夢十夜ゆめじゅうや
こんな夢を見た。 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。女は長い髪を枕に敷いて、輪郭の柔らかな瓜実顔をその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差 …
作品に特徴的な語句
浅黄あさぎ 金槌かなづち かけひ 木挽こびき 布団ふとん 戦争いくさ 梶棒かじぼう 繰返くりかえ 半襟はんえり 枇杷びわ まつげ 素袷すあわせ 真逆様まっさかさま 年寄としより 拳骨げんこつ 蒟蒻こんにゃく 花弁はなびら 一図いちず 仁王におう あぶみ 丁子ちょうじ 森閑しんかん かがり とりこ てすり 爪立つまだ 色沢つや じく 四隣あたり 頬張ほおば 発矢はっし 河原かわら 捕虜とりこ 七日なのか きね 賽銭箱さいせんばこ 鰐口わにぐち 洋杖ステッキ 一声ひとこえ 輪郭りんかく 絶間たえま 只事ただごと 熊笹くまざさ 藤蔓ふじづる 日本武尊やまとだけのみこと ぶた 好加減いいかげん 真闇まっくら 柏手かしわで くき 天辺てっぺん 一心いっしん 生擒いけどり 朱鞘しゅざや こし 切先きっさき 違棚ちがいだな 危険あぶねえ 人殺ひとごろし 水蜜桃すいみつとう 煮〆にしめ 目懸めが 藁沓わらぐつ 大柄おおがら 天道てんとう 裸馬はだかうま 神代かみよ 乗合のりあい 髪剃かみそり 朱塗しゅぬり 目標めじるし 五分ごぶ 木屑きくず 際限さいげん 大嫌だいきらい 帆綱ほづな 鼻頭はなづら 袖無そでな 一通ひととお 斑入ふいり 洋琴ピアノ 帳場格子ちょうばごうし 殺気さっき 粟餅あわもち 素袍すおう 自刃じじん 蘇枋すおう 墓石はかいし 両腋りょうわき 唐紅からくれない 青田あおた 酒甕さかがめ 堀田原ほったはら かか 敗北まけ 空様そらざま 素樸そぼく 打遣うっち