青銅の基督せいどうのキリスト――一名南蛮鋳物師の死――いちめいなんばんいものしのし
父秀忠と祖父家康の素志を継いで、一つにはまだ徳川の天下が織田や豊臣のやうに栄枯盛衰の例に洩れず、一時的で、三代目あたりからそろ/\くづれ出すのではないかと云ふ諸侯の肝を冷やす為めに、又自分自らも内心実はその危険を少からず感じてゐた処から、さ …
作品に特徴的な語句
ましま おは あにま まつしぐ をのゝ 聖像ピエタ せゐ 念珠こんたす ぢやう さら うつ そゝの はづ ゑみ 悪魔るしへる たゞよは たゞ いぢ 退しりぞ ことさ づゝ 御母おんはゝ 面被ヴエール はづ とも まこと うかゞ あら さなが かゞみ しつ さを ぱじ なさ おびやか くら ふくろふ 霊魂みたま そゝの がらつさ すこ しふ 仮令たとへ いさぎ こが ひろ 少時しばら 生粋きつすゐ 彼処あそこ いたづ まつた 微笑ほゝゑ こは 天主でうす 私語さゝや 饒舌しやべ ぬか しやが 悪戯いたづら 桑原くはばら おとしい 阿父おとつ あらた しき 莞爾につこり 蒼褪あをざ 懊悩あうなう 鏖殺みなごろ 数珠じゆず こと 捷利せうり 此儘このまゝ 遮切さへぎ 揶揄からか 餉台ちやぶだい さゞなみ 鼈甲べつかふ 漆喰しつくひ 滅茶めちや しん