霰ふるあられふる
若いのと、少し年の上なると…… 此の二人の婦人は、民也のためには宿世からの縁と見える。ふとした時、思ひも懸けない處へ、夢のやうに姿を露はす—— こゝで、夢のやうに、と云ふものの、實際は其が夢だつた事もないではない。けれども、夢の方は、又…… …
作品に特徴的な語句
やツ おとつ いゝや とツ おつか かをり 奪取ばひと せきばらひ じやく 燈火みあかし なあに くしやめ おほき まを みツ 存生ぞんじやう ちま つゝ しはぶき 一番いつち いきどほり うへ ごころ 折屈をりまが ひしや 矢張やつぱ たま をは 雷神はたゝがみ きは 温習おさらひ つか 寂寞ひつそり さだま とゞ 鮮血からくれなゐ まへ あたゝ やはら とこ はゝ 夜半やはん おもひ きふ 向山むかひやま つら いくさ 可恐こは ひらき 可怪あやし とほ とざ あひだ せい あた はう とほ 縫合ぬひあ おこな しゆ つめた 終夜しうや おほ ひゞき いたゞき ことば がく 祖母そぼ 演習おさらひ ちゝ ぢい じつ うづま をんな 矢張やつぱり あふ たし 眼前まのあたり 立掛たちか あきら 切所せつしよ こら くすぶ 去年きよねん かゝ ちゞ ゑが 婦人をんな つち 古家ふるいへ あへ けづ
題名が同じ作品
霰ふる (新字新仮名)泉鏡花 (著)