霰ふるあられふる
若いのと、少し年の上なると…… この二人の婦人は、民也のためには宿世からの縁と見える。ふとした時、思いも懸けない処へ、夢のように姿を露わす—— ここで、夢のように、と云うものの、実際はそれが夢だった事もないではない。けれども、夢の方は、また …
作品に特徴的な語句
もう いいや おとっ やッ 時々よりより 奪取ばいと なあに 燈火みあかし 晃々ぴかぴか とッ せきばらい おわ いきどおり おっか ちま くしゃめ かおり じゃく ちっ かい さだま とこ 雷神はたたがみ おおき づれ つつ 眼前まのあたり 折屈おりまが ひらき せい あた がく 矢張やっぱ ことば たま とざ っか 温習おさらい 可怪あやし 夜半やはん 立掛たちか 気勢きお 寂寞ひっそり 一夏あるなつ 一所ひとところ 目前まのあたり 鮮血からくれない 縫合ぬいあ 三輪みつわ あが ひしゃ まばら 乱打みだれう 顔色かおつき おもい くすぶ はよ わき いなびかり 矢張やっぱり へだて 嬰児あかんぼ あきら くるし 破目やれめ かさな おち 演習おさらい そう 大雷たいらい 夜更よふか 可恐こわ うずま わか 向山むかいやま とお きえ しわぶき こら つち 引込ひきこ 突貫つきつらぬ のぞ なが 欄干てすり きま のち 思出おもいだ しん かすか 恍惚うっとり
題名が同じ作品
霰ふる (旧字旧仮名)泉鏡太郎 泉鏡花 (著)