“ちょっと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一寸85.8%
鳥渡13.5%
些少0.2%
少時0.2%
浅日0.2%
鳥度0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「うん。もさう思ふね。」も一人も同意しました。私の係りのアーティストがもちろんといふやうに一寸笑って、私に申しました。
毒蛾 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
こんな理窟を並べて読者諸君を退屈させては相すまん次第だが、こう云った事が後の事件にも多少関係があるので鳥渡申述べて置く。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
そのむべき感謝状を、かういつた上でも、裂いて棄てんか。やつぱりましいことはないが、些少も良心がめないか、それが聞きたい。ぬらくらの返事をしちやあ不可ぞ。
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「まア、真実に油断がならないね。大丈夫私は気を附けるが、お徳さんもられそうなものは少時でも戸外放棄って置かんようになさいよ」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
しかしこう申してはいかがでございますが、私にはどうしても浅日のお面識の方とは思えませんよ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
ではあたくし、これから鳥度行って調べて参ります。四五日の御猶予を下さいませ
三人の双生児 (新字新仮名) / 海野十三(著)