“ちよつと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:チヨツト
語句割合
一寸77.2%
鳥渡20.8%
1.0%
一人0.5%
一時0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
帽も上衣も黒つぽい所へ、何処か緋や純白や草色一寸取合せて強い調色を見せた冬服の巴里婦人が樹蔭ふのも面白い。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
面白かつたり、かつたり………し女にやア不自由しねえよ。」さんは鳥渡長吉の顔を見て、「さん、君は遊ぶのかい。」
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
何有した事ですがね。』と、森川は笑つてゐる。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
これだけの人參一人つて一舐めしても大抵病人かる。で、それだけ代物る、合點か。
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
五月繩には一時めて對手つたりいたり、特性のつゝましさをつて拍子多勢まれつゝ反覆しつゝる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)