“一舐”の読み方と例文
読み方割合
ひとな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これだけの人參一人つて一舐めしても大抵病人かる。で、それだけ代物る、合點か。
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
火勢はいやが上に募って広小路をも一舐めにせん有様でありますから、師匠は一同に向い
「秦野屋、どうやらあの火の手じゃ、おめえの店は一舐めになりそうだな」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)