命の鍛錬いのちのたんれん
第一 余明治三十五年春四月、徳島を去り、北海道に移住す。是より先き、四男又一をして、十勝國中川郡釧路國足寄郡に流るゝ斗滿川の畔に牧塲を經營せしむ。明治三十七年戰爭起るや、又一召集せられ、故に余は代りて …
作品に特徴的な語句
不便ふべん 井戸ゐど 浮世うきよ ひろ 身體しんたい 左程さほど あらかじ 現今げんこん とく そゝ 其他そのた あつ 何等なんら 蝟集ゐしふ 奔走ほんそう 此等これら とみ つた 世上せじやう 手斧てをの 雨漏あまも したが 雨夜あまよ 非常ひじやう 今後こんご こと 住家すみか 時代じだい わざはひ 荒野あらの ろく 其後そのご 友人いうじん 冷水れいすゐ なや 日夜にちや 災厄さいやく 遂行すゐかう 明治めいぢ 國民こくみん つく 某夜ばうや をか 頭部とうぶ 言語げんご 利益りえき 活動くわつどう 健康けんかう 責任せきにん 困難こんなん 往時わうじ さく やしな 全身ぜんしん 凍傷とうしやう 大雪おほゆき あた 事業じげふ 内地ないち 召集せうしふ 寒氣かんき 痴人ちじん 頭痛づつう らう 寒冷かんれい 損害そんがい 河水かすゐ 牛馬ぎうば 現時げんじ 肝要かんえう 監督かんとく 何者なにもの 實行じつかう 憂愁いうしう 健全けんぜん 服裝ふくさう 交通かうつう 人馬じんば 強健きやうけん 未來みらい 培養ばいやう 七月しちぐわつ 實驗じつけん 北海道ほくかいだう じよく 將來しやうらい 天災てんさい 灌水くわんすゐ 爾來じらい 體質たいしつ 重大ぢうだい 戰爭せんさう 中止ちゆうし 冬季とうき 冷却れいきやく 創業さうげふ 四男しなん 清爽せいさう