“揶揄氣味”の読み方と例文
読み方割合
からかひぎみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おのおさんが贈つて下すつたものをあなたは今召し上つたんですよ。」と、つと揶揄氣味で云つた。
母と子 (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)