“揶揄調子”の読み方と例文
読み方割合
からかいちょうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで太郎丸揶揄調子、「どうだどうだ、名古屋の城から、殺気が立ち昇ってはいないかな? これは、どうしても立ち昇っている筈だ」
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)