“受付”の読み方と例文
読み方割合
うけつけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
給仕に名刺をして、だらけの受付つてゐるはしばしばから手帛して、鼻を掩ふた。やがて、二階の応接へ案内された。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
ところがふしぎに、それが門番とか、受付とか、地位人々にかぎっていました。さもなければ、大衆食堂へならぶような人々であります。
兄の声 (新字新仮名) / 小川未明(著)
すると受付とかいてあるところの窓があいて
あたまでっかち (新字新仮名) / 下村千秋(著)