“受答”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うけこたえ66.7%
うけこたへ22.2%
うけこた11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主人の中老人は、なかなかの弁舌で、昔は相当以上の身分のものらしく、文武両道の話など、五人の客も屡々受答に困るほどです。
何事でも順序を立てて考へることは不得手であるのを、博士が論理で責めるから、半分夢中で受答をしてゐる中に、いつでも十六六指のやうに詰められてしまふ。
半日 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
いに似合はず落付いた話振をするであつた。受答へをしたで、にやりと具合などは、じを宗助へた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)