“受容”の読み方と例文
読み方割合
うけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後で考えれば不思議だったが、その時、袁傪は、この超自然の怪異を、実に素直に受容れて、少しも怪もうとしなかった。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
る心、素直な心、受容れる心、それはむしろ無学な者、貧しき者によけい恵まれている徳ではないでしょうか。
益子の絵土瓶 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
彼は彼女をかうした自由な自然の前へつれて来たことに、この上ない幸福を感じてゐるらしかつたが、彼女の頭脳は其の感じを受容れるには、余りに自分を失ひすぎてゐた。
或売笑婦の話 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)