山月記さんげつき
隴西の李徴は博学才穎、天宝の末年、若くして名を虎榜に連ね、ついで江南尉に補せられたが、性、狷介、自ら恃むところ頗る厚く、賤吏に甘んずるを潔しとしなかった。いくばくもなく官を退いた後は、故山、虢略に帰臥 …
作品に特徴的な語句
くろ おもい まじわり おこない そら うも づら いわ おのれ 彼処あそこ はずか 使つかい かたわら きずつ うさぎ すべ いと おと おれ ろう おぼ なつ つか 故人とも むね ため たず だれ 隴西ろうさい かた 驚懼きょうく うち 久闊きゅうかつ しま ほか もっ 何処どこ 何故なぜ 何時いつ 供廻ともまわ おもかげ 倨傲きょごう わず 儁才しゅんさい ひや およ わか 勿論もちろん 卑怯ひきょう 危惧きぐ 受容うけい くさむら 叢中そうちゅう つぶや 咄嗟とっさ 咆哮ほうこう かな たけ ただ 商於しょうお わら あざけ うわさ 四辺あたり もと たま まみ ごと 如何いか よろ 容貌ようぼう なお 岩窟がんくつ 峭刻しょうこく 峻峭しゅんしょう 嶺南れいなん 帰臥きが 彼等かれら いたず かす たちま 怏々おうおう たの 恩倖おんこう 悲泣ひきゅう おそ おも 愈々いよいよ
題名が同じ作品
山月記 (旧字旧仮名)中島敦 (著)