“道塗”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どうと75.0%
だうと25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“道塗”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山岳、海洋、宮殿、道塗どうと——如何なる光景を現すのでも、結局これらを配置する外は、一本の立木も使ったことはない。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
厚かましいお願だが、彼等の孤弱をあわれんで、今後とも道塗どうと飢凍きとうすることのないように計らって戴けるならば、自分にとって、恩倖おんこう、これに過ぎたるはい。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
厚かましいお願だが、彼等の孤弱を憐れんで、今後とも道塗だうと飢凍きとうすることのないやうにはからつて戴けるならば、自分にとつて、恩かう、之に過ぎたるはい。
山月記 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)