馬の脚うまのあし
この話の主人公は忍野半三郎と言う男である。生憎大した男ではない。北京の三菱に勤めている三十前後の会社員である。半三郎は商科大学を卒業した後、二月目に北京へ来ることになった。同僚や上役の評判は格別善いと言うほどではない。しかしまた悪いと言うほ …
作品に特徴的な語句
さが つい うし やぶさ しも こく おお 毛布もうふ とど いわく 微笑びしょう かつて あらわ いっ あが 等閑とうかん 砂埃すなほこ 点頭てんとう しゅ 昨夕さくゆう もう おっと あい はず くさり 速歩そくほ 診断しんだん ひょう 薄明うすあか 縦横じゅうおう かわ 春風しゅんぷう 日本にっぽん ほう 推測すいそく にく のち 彷徨ほうこう ゆか 寝棺ねがん 媒妁ばいしゃく みだり 如何いかん 囚人しゅうじん 噴飯ふんぱん 嘲笑ちょうしょう くだ 交尾こうび 今日きょう 前脚まえあし いた 三日みっか 三度さんど 上役うわやく 上衣うわぎ 行吟こうぎん のみ やぶ 藍色あいいろ 薬罎くすりびん 薄暮はくぼ おお 蒙古もうこ こうむ 葦毛あしげ 莫迦ばか 茫然ぼうぜん 苛立いらだ にお もも くさ あし どう 胡同ことう ふと 生憎あいにく 瞞着まんちゃく 白靴しろぐつ 発狂はっきょう かゆ 疳走かんばし 畢竟ひっきょう 二十はたち あお