益子の絵土瓶ましこのえどびん
栃木県益子の窯場で長らく土瓶の絵附をしていた皆川マスというお婆さんのことは、既に多くの方々も知ってお出での事と思います。その山水絵や枝梅の土瓶は、焼物に眼を注ぐほどの人なら、おそらく誰でも見慣れているものでありましょう。誠にありふれた品物で …
作品に特徴的な語句
はか とど ことな ちか あなが まさ ゆが あらわ いや しこう すべ 御詠ぎょえい はた せば もた 中風ちゅうぶう あらかじ 予々かねがね 他力たりき 仲立なかだち 伴侶はんりょ 何辺なんべん 作手つくりて 佳詠かえい 侮蔑ぶべつ 便たよ 信楽しがらき やと 凡夫ぼんぷ 凡庸ぼんよう 初音はつね 労役ろうえき なかば 受容うけい 只麼しも 名号みょうごう のろ 呪文じゅもん うそ とら 図相ずそう 土瓶どびん 坦々たんたん おびただ 如何いか おうな はら まっと 就中なかんずく ねが 帰命きみょう さいわい 往生おうじょう わずら 成仏じょうぶつ 所以ゆえん 持映もてはや つか おい 明石あかし 易々やすやす 易行いぎょう 智慧ちえ 枝梅えだうめ 梵音ぼんおん こわ ごと 民窯みんよう 気儘きまま 江州ごうしゅう いわ 活々いきいき 溝泥どぶどろ さかのぼ 濾過ろか 無碍むげ わずら 爾来じらい 牡丹ぼたん 独乙ドイツ 現成げんじょう きず 皿山さらやま 益子ましこ 相馬そうま 真言しんごん とな 称名しょうみょう まれ 稀有けう