“何辺”のいろいろな読み方と例文
旧字:何邊
読み方割合
なんべん33.3%
どこ33.3%
なへん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もともと他人から教わった図柄を何辺も何辺も繰返すのでありますから、個性などを出す機縁は、始めからないのであります。
益子の絵土瓶 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
この中坂を冠する思案外史は中坂の何辺らあたりに住んでる人だろうと揣摩し、この思案外史の巻頭の辞を載せた『我楽多文庫』をもやはり中坂に縁があるように思っていた。
……このように王様が鶴子を殺したのではないということが明々白々なのに、殊更に王様を犯人としなければならぬ目的は何辺にあるのかと考えて見た。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)