“仲立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なかだち75.0%
なかだ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに多くの方々によく知られている品物であるだけに、語るのに都合のよい仲立であると思われます。
益子の絵土瓶 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
立派な家庭の人として仲立して上げるべきはずなのに、それをせずに、こうして、いい気になって、娘ざかりをあだに過させ、今後とても、そういう希望を以て
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
銀屏のために静まったというわけではないけれども、その環境が心を静める仲立ちになった。
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
わたしはあなたがたみなさんに、一人ひとり代わりばんこに会って、ほうぼうの便りを持って行きましょう。そうすればぼくの仲立ちでみんないっしょに集まっているようなものです。