俳句への道はいくへのみち
おやをもり俳諧をもりもりたけ忌虚子 もりたけ(荒木田守武) 室町末期の俳人・連歌師天文十八年八月八日没 二、三年来『玉藻』誌上に載せた短い俳話を集めて本書が出来た。されば「玉藻俳話」とでも題する方が適切かも知れぬ。いずれにせよ、私の信ずる俳 …
作品に特徴的な語句
なおり たていと くう そむ かく ひく とどま うわ くゆら くる にくま かわ いれ 市中いちなか がれ 精力エネルギー おさま ぐれ こだわ さだま そめ おく よぶ つらな むな たずさわ おそろ おつ がわ さかり とざ おき ゆう おろそ ことな いで きん あつま 内庭うちにわ ため 入込いりこみ 憧憬しょうけい いり たと とも 出来でか かえりみ かね おち うら きび ふま もとづ じる くつ かたくな ほしいま はじ 撰集せんじゅう おろか もう かく すみ おのず しに おも とま くれ うた おのれ あきら めぐ てん 行燈あんど きわ ならび 押合おしおう とお こし 破扇やれおうぎ おい しま よこいと 引立ひきた えい 嘲笑ちょうしょう 穿うが すくな すく 明暮あけく