闇夜の梅やみよのうめ
エヽ講談の方の読物は、多く記録、其の他古書等、多少拠のあるものでござりますが、浄瑠璃や落語人情噺に至っては、作物が多いようでござります。段々種を探って見ると詰らぬもので、彼の浄瑠璃で名高いお染久松のごときも、実説では久松が十五、お染が三歳で …
作品に特徴的な語句
やッ ぜえ あたい でえ だまか せめ わたい なげ こん かゝえ こげ だまか こッ つわ 幼少ちい つれ わっち 内儀いえ しみ じき 資金もの かむ ふくろ 何所どっ われ わっし 扮装こしらえ さが 不可いけね たい こっ 這入へい 今日けさ 怪談はなし 何処どっ すき きゝ 左様さよ ようよ 真実まったく ねげ きれ ちっ とおり 表書うえ わけ おら おのれ しっ ねっ あれ ごく めえ 此処これ 当家うち 乳母ばあ 今日こんち 此様こない ほとり 他家わき 此間こねえだ しょう っか 悉皆みんな 低声こゞえ くやみ かんげ 何程なんぼ もっ 老爺じい すこ 気遣きづけえ ぬか ふけ 可愛かわゆ よりどころ いで 出来でけ いっ つもり 単衣ひとえもの あめ かえっ めえ こら はじま 女子おんな 夜明よあか さん うめ 此方こっち