“葛布”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くずふ66.7%
かたびら11.1%
くず11.1%
くずぬの11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
甲斐は好きな藍染の木綿の単衣に、白葛布をはき、短刀だけ差して、邸内の隠居所にいる母のところへ、挨拶にいった。
貯えて置いても入用がないから、その金で葛布を買って、すぐ都へいくなら、すこしはもうけがあるだろう。
王成 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
葛布小袴に、縹色小直垂、道中用の野太刀一腰、次の間においているだけだった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
南子は絺帷葛布の垂れぎぬ)の後に在って孔子を引見する。孔子の北面稽首の礼に対し、南子が再拝してえると、夫人の身に着けた環佩璆然として鳴ったとある。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)