“ちっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
61.2%
17.5%
8.7%
5.8%
4.9%
1.0%
極微1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この久能谷の方は、足場が遠くなりますから、すべて、見得装飾を向うへ持って参って、小松橋が本宅のようになっております。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あんなにぽけな、瘠せた小伜であった浩が、自分より大きな、ガッシリと頼もしげな若者になっているのを、むさぼるように見ると
日は輝けり (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
とも顔を見せんじゃないか、の家へは行ってもの家へは来るはないのか、」と妙な見当違いをてこすられた。
当村に鷲津氏なる人あり。もと美濃国の太守土岐美濃守頼芸の末葉なり。天文十一年斎藤氏に侵されこの地に来りす。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
病葉彼方にも此方にもはらはらとている。青い煙は一面に渓の隅々をした。黒く頭の見えた小屋も黄昏となって分らなくなった。日はいつしか落ちて、大空は青々と澄み渡った。
捕われ人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
わしらは、けなときからゴリラをみてるだが、雨んなかを、死神にひかれて歩かせられてゆくような、ゴリラにかぎって北へゆかねえものはねえでがす
人外魔境:01 有尾人 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
なにしろ、ほんの極微ぽけな材料だけで、極大の容積を得ようというんだからね。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)