日は輝けりひはかがやけり
K商店の若い者達の部屋は、今夜も相変らず賑やかである。まぶしいほど明るい電燈の下に、輝やいた幾つもの顔が、彼等同志の符牒のようになっているあだ名や略語を使って、しきりに噂の花を咲かせている。 けれども、変幅対と呼ばれている二人の若者は、いつ …
作品に特徴的な語句
焦躁もがき おもし 戯言たわこと ちっ 目標めじる わっち たず 倦怠だるさ さい 冷笑ひやかし 禁厭まじな いじ 乞食こも わずら よご 罵詈ののしり いだ うな はた ほど こた 頬桁ほほげた こら いた 時間ひま 薫香かおり たず はば ひざま いた とっ 一層いっそ 気振けぶ しお 服装みなり はびこ なぐ 戸外おもて 悪寒さむけ 彷徨ほうこう やす 小伜せがれ ばば 塵埃じんあい ごみ おと あな 啜泣すすりな しか 八裂やつざ 同胞きょうだい 口吻こうふん かくま 陽炎かげろう にじ つぶ いびき またた さぎ 禁厭まじない 鴨居かもい 鯡場にしんば びん 騒動さわぎ うかが すく 箪笥たんす つい 綽名あだな すが 飛沫しぶき もつ まと 顧客とくい あく 胡桃くるみ もや あぶら しずく 膏性あぶらしょう ふく きも 雑魚ざこ さと 貪婪どんらん