“さゝ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
28.3%
22.0%
11.0%
6.3%
5.5%
些々3.9%
3.1%
2.4%
2.4%
2.4%
1.6%
1.6%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
注射0.8%
瑣々0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小女んで、汲立れていとじた。た。はそれをつて、げて、ぢつと見詰めた。
寒山拾得 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
花吉はがツくり島田の寝巻姿、投げかけしを左のもて火鉢にへつ、何とも言はず上目遣ひに、低き天井、に眺めやりたるばかり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
それでもおづるといふやうな證據いのかえ、手懸りはりさうなものだねとおふをして
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
其處に來れば人生のやかな流は皆白く碎ける水泡やどう/\と鳴る音や渦卷や奔流の只中に碎け散つてしまふのです。
先づ赤門、『恁麽學校にも教師べすか?』とお定はやいたが、『居るのす。』と答へたお八重はツンと濟してゐた。不忍の池では海の樣だと思つた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
馬琴は些々たる非写実文人、西行は無慾の閑人となりて、白石の如き、山陽の如き、足利尊氏の如き、仰向すべきは是等の事業家の外なきに至らんこと必せり。
人生に相渉るとは何の謂ぞ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
藪蚊と毒虫にれるのでくて堪りませんから、掻きながら様子を立聞をして居ました。
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
やまた軍艦のみならず一度つたとつた日出雄をもぐる出來るやうになつた感謝します。
ちよんぼりとあるやらいたいけなだけれども、鬼薊かとばかりすら/\とびて、天窓でもでてやつたらりさうでとげ/\しい。
山の手小景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
れ、おろかなめ、りをれ。悲歎ぐる間違へて喜悦献上せをる。チッバルトがしたでもあらう生存へて、したでもあらうチッバルトがんだのぢゃ。
るゝな立派な出世致すべしてこそ予に忠義なるぞと申聞られ一人々々盃盞を下され夫より夜のるをける此時越前守の奧方には奧御用人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
取直してよくれつたりしが何時しか日さへ暮果て兩人共睡眠の氣ざしにとろ/\とむともなしに寢入しが早三靱負は不※起上り其のまゝ爰を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
三人文珠さへ授けぬ奸智智慧袋はたいたれかぶれ爲術荒仕事娘にすと悦ばせて誘引出すは斯々と忽ちる惡計にれつ飮みながらとは云ふものゝは餘り感心せぬ事成れば姉御と己とにせんと紙縷つて差出せばお定は引て莞爾矢張兄貴が當り鬮と云はれて三次は天窓
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
江戸の賑ひを集め盡したやうな淺草の雜沓は、この意味もなく見えるやかな事件を押し包んで、活きた坩堝のやうに、刻々新しいりを卷き返すのです。
覺束なし、夜叉神一命げて、桃太郎
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
其の槍で突殺すという心根が有難えもんでがんすねえ、旦那槍で横っ腹をられる心持は一通りでは有りやすめえが、始終槍で突かれている気で働けば
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
に。松陰の。へて。吐息つく。時哉見ゆる。若武者は。の。使かや。ればの。美麗さ。新郎とかも。またる。其鬚髯の。新剃は。秋田を刈れる。刈稻の。へるに。
「西周哲学著作集」序 (旧字旧仮名) / 井上哲次郎(著)
渡船小屋は疎らな林の縁にあつて、此方から呼ぶと、が声に応じて出て来た。舟は渦を衝いて凄じく流れる。それを爺は巧に棹にへて、岸へ/\と近寄つて来る。
草津から伊香保まで (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
少時んで、つてたが、チリ/\と自然くやうな、黄金に、つけを注射れた心地がして、けて、……車上美人がお引摺りの蹴出褄
麦搗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
今までは瑣々たる問題にも、極めて丁寧にいらへしつる余が、この頃より官長に寄する書にはりに法制の細目にふべきにあらぬを論じて、一たび法の精神をだに得たらんには
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
仮令あつたにしても、その涙にへられて、何も見えなかつたに相違なかつた。汽車が程ヶ谷近く来ても、まだ涙が流れ流れしてゐた。
ある日 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
大江の上には帆走つてゐるやゝ大きい船もあれば、の葉形の漁舟もあつて、漁人の釣して居るらしい様子も分る。
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
此邸にては煤取座敷にこぼれて、めし草履こゝかしこの廊下みだれ、お雜巾かけまする、おたゝく家内調度になひるもれば、お振舞ふて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
丸山作楽君が君主専制の東洋風に随喜の涙を流されし時代もありき、如此に我日本の学者、老人、慷慨家、政治家、宗教家達は、我文明の余りに疾歩するを憂へて、幾たびか之をへんとし