“覺束”の読み方と例文
新字:覚束
読み方割合
おぼつか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平次は何やら考込みながら、八五郎をしました。ものの判斷は覺束ないが、見ることと聞くことは人後に落ちない筈の八五郎です。
いかに、わが世の、あだなるや、なるや、うつろなるや。げに、人間のあとかたの覺束なくて、數少なき。らなるは月日なり。
郡奉行へ相談の上見知人の爲江戸表へ連行事と定めけれど老人なれば途中覺束なしと甚左衞門をも見知人に出府致す樣申渡し直に先觸
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)